ITを経営にどのように効率よく活用するかは、各企業の経営課題によってさまざまです。多くの中堅・中小企業は、解決すべき経営課題を解決するために、限られたリソース(人、物、金、IT)の中で、そのリソースを有効に活用させたいと考えていますが、なかなか思うようにいかない企業が多いのが現状です。
そこで社長、CIO(Chief Information Officer )は社内業務を効率化し、より良くITとビジネスを整合していかなければなりません。このため会社の仕事やプロジェクトに優先順位付けし、適切なリソースの割り当てを行うための幅広い見識と指標を持った上で意思決定を行うことが必要です。

当社では、会社の業務やプロジェクトをIT活用した可視化により、経営課題を把握できる仕組みを構築することで、経営者が意思決定できるようにご支援いたします。

また、ITガバナンスの視点から経営戦略的IT化推進における「IT調達の最適化」「TCO削減」の成果を明確に把握するためにモリタリングと監視による「IT投資診断」も致します。
お気軽にご相談ください。

経営改革支援の進め方

経営改革支援の進め方
Copyright (C) 2013 ITLM. All rights reserved.