現在の特別養護老人ホームについて

2016年09月16日

ある地方銀行の交流会で知り合った埼玉県のある特別養護老人ホームを今月から正式に「経営課題改善」の解決をするために、ご支援をすることになりました。

一般的に介護施設は「過酷」と聞いていますが、まだ2回しか訪問しておりませんが、そこは開放的で明るいイメージが伝わってきました。まずは、主要職員にアンケートを取って、現在どんな課題を抱えているのか把握することからはじめたいと思っております。

一般的に介護福祉士は、それぞれ高いスキルを持っておられて、入所者一人ひとりの状況を細かく把握して対応にあたられています。やはり個人の経験と介護技術が非常に重要であると聞いています。

しかし、忙しすぎて、素晴らしい対応力の介護福祉士の経験や介護技術がなかなか横展開できないのが現状と一般的に言われています。

「ケアのやり方次第で利用者の対応が全然違ってくる」と言われていますが、すべての介護福祉士がはじめから素晴らしい対応力があるはずがないので、ベテランの経験や介護技術をうまく横展開できれば働く環境を大幅に改善でき、利用者が喜ぶ素晴らしい老人ホームになると思っております。

その仕組みの構築をお手伝いすることを、これらから取り組みたいと思っている次第です。

Copyright (C) 2013 ITLM. All rights reserved.